JASPM27プログラム

JASPM27のプログラムをGoogleカレンダーから読み込む場合はこちらから。開催校は京都精華大学です(参加手続きはこちら)。

12月4日(金)

16:00~19:00 理事会
18:00〜 前夜祭:インキョカフェ

12月5日(土)

13:00~    受付:友愛館1階Y-104(プロジェクトルームA)
13:30~13:45 開会挨拶:友愛館3階アゴラホール
14:00〜    個人研究発表

【A】ライブ体験
司会:南田勝也
会場:友愛館Y-004
【B】日本の音楽史
司会:長尾洋子
会場:友愛館Y-005
【C】社会思想と音楽
司会:鈴木慎一郎
会場:友愛館Y-002
14:00~14:40 吉村汐七
初音ミクライブにおけるオーディエンス──『初音ミク「マジカルミライ2013」』を事例に
遠藤薫
ブルースと子守歌──日本の近代化過程における大衆音楽の同化と異化
遠藤健太
カルロス・ベガの民謡・舞踊研究──ノンポリ音楽学者による「アルゼンチン文化」像の構築
14:40~15:20 山添南海子
日本流の野外音楽フェスティバルはどのようにして作られたのか?
平川裕司
ニューミュージックとは何だったのか?──J-POPの淵源を探る
栗田知宏
「ジハーディー・ラップ」という問題系──「イスラーム主義」とヒップホップの蜜月をめぐる一考察
15:20~15:30 休憩 休憩 休憩
15:30~16:10 中野太郎
モッシュが発生する時、何が起きているのか?
鈴木翠
ファン活動による「ヴィジュアル系」の形成──「やおい」作品の受容から
平石貴士
ブルデューの界理論に基づく現代日本のポピュラー音楽の界の構築
16:10~16:50 大嶌徹
鯨のためのロック・コンサート「ローリング・ココナッツ・レヴュー・ジャパン」──開催経緯と音楽雑誌における評価を中心に
藤下由香里
同人音楽の歌姫による自己の表現

17:00〜18:30 年次総会:友愛館3階アゴラホール
19:30〜    懇親会:アンスティチュ・フランセ関西―京都

12月6日(日)

08:30〜    受付:友愛館1階Y-104(プロジェクトルームA)
10:00〜    ワークショップ

【ワークショップA】
会場:友愛館Y-004
【ワークショップB】
会場:友愛館Y-005
【ワークショップC】
会場:友愛館MAGI SOUND STUDIO
10:00~13:00 中川克志・大和田俊之・髙橋聡太
1955年の音響メディア史
永井純一・永田夏来・山崎翔・ゆーきゃん
フェスをめぐる差異――「行く/行かない」と「行ける/行けない」
中伏木寛・中村公輔
スタジオ・レコーディングのゆくえを、レコーディング・スタジオで考える 

13:00〜14:00 昼食
13:15〜13:45 国際委員会:友愛館地下1階Y-005

14:00〜17:00 シンポジウム
会場:友愛館アゴラホール
JOJO広重・沖野修也・岡村詩野・増淵敏之・安田昌弘
音楽と場所〜京都から日本のポピュラー音楽文化の今を展望する

17:00〜17:30 閉会挨拶:友愛館3階アゴラホール