The Japanese Association for the Study of Popular Music

第32回JASPM年次大会の開催と発表募集について

【ご挨拶】

JASPM第32回大会に向けて―実行委員長ご挨拶—

 

JASPM第32回大会は、2020年12月26日(土)、27日(日)にオンラインで開催することになりました。

 

昨年末より、私たちは目白大学での大会開催に向けて検討を進めてまいりました。東京・新宿区内とは思えないほどの緑豊かなキャンパスで、みなさんにお会いできるのを楽しみにしておりましたが、新型コロナウイルス感染症は収束の目途が立たず、弊学でも遠隔授業を余儀なくされている状況で、大変残念ではありますが、大学でみなさんをお迎えすることは断念せざるを得ませんでした。

 

その代わり今回は、Zoomを使ったオンラインでの年次大会を開催したいと考えております。例年の大会に較べれば規模も小さく、何より年に一度同じ場に集まって語り合う醍醐味には欠けるかも知れません。しかし、こういうときだからこそ研究発表の機会を維持することが何より重要であると、私たちは考えます。そして幸いにも、それを可能にするメディア技術が私たちの周りには存在しています。これらのメディア技術を活用して、できる限りのことをやりたいという思いから、このようなオンライン発表の場を設けることにいたしました。

 

初めての試みで一同手探りではありますが、それでも実行委員一同、一致団結して鋭意準備を進めております。みなさんのご参加を、心からお待ち申し上げております。

 

溝尻真也(目白大学)

 

 

 

【発表募集】

 

研究活動担当理事・輪島裕介

 

本年度の大会での個人発表、ワークショップの募集をいたします。発表申込書(個人発表用とワークショップ用のそれぞれのワードファイルがあります)をダウンロードし、必要事項を記載して、下記メールアドレスまで添付ファイルにて送信してください。なお郵送等による申込を希望される方は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。申込締切(10月31日)後に研究活動委員会が申込内容を吟味したうえで、発表についてのお知らせを個別に連絡いたします。また、今回はオンライン開催のため、著作権に関する制約が例年より厳しくなります。例えば、発表の中で、既存の録音音源やストリーミングサービス上の映像を配信することはできません。このことを予めご理解いただいたうえでお申し込みください。

 

■申込書類

・個人発表用申込書 Jaspm32individual

・ワークショップ用申込書 Jaspm32workshop

 

上記のリンクから申込書をダウンロードし、必要事項を記載してください。

 

■今大会のプログラムについて

今大会は、試行的なオンライン開催のため、詳細なタイムテーブルは現時点では決定しておりません。26日または27日のどちらかしか発表できないという方は、申込時にその旨明記してください。

 

■発表時間(予定)について

・個人発表: 30分(発表20分+質疑応答10分)

・ワークショップ: 2時間(例年より1時間短くなっていますのでご注意ください)

 

■ワークショップ企画案について

ワークショップでは、一つのテーマをめぐって多角的に提起される問題について、フロアとパネルの間で時間をかけて議論することができます。ご自分の研究フィールドの意義を知らしめる絶好の機会ですので、奮ってお申込ください。

 

ワークショップでは、フロアを交えた議論の時間を必ず40分以上とってください。登壇者は、複数の発表者(問題提起者)と1名の討論者から構成されます。申込時に登壇者全員の名前を記載することを原則とします。なお非会員も問題提起者や討論者になることができますが、謝礼や交通費は支払われません。

 

■申込締切

個人発表・ワークショップとも、2020年10月31日(土)

 

※11月2日(月)を過ぎても研究活動委員会より受領の連絡がない場合には、下記の問い合わせ先にご連絡ください。

※現在非会員の方は、入会申込をされたのちに発表申込をしてください。入会申込はリンクを参照してください。https://www.jaspm.jp/?page_id=90

 

■大会での個人研究発表、ワークショップのニュースレターへの報告に関して

大会での個人研究発表、ワークショップは、翌年3月発行予定のニュースレターに報告を書いていただく必要があります。発表の申込をなさる方はご承知おきください。
・締切:2021年2月12日(金)
・分量:3000字程度
・原稿の提出先:学会ニュースレター担当(nl@jaspm.jp)
・報告内容:
①個人研究発表はご自身の発表の内容と質疑についてまとめてください。
②ワークショップは、問題提起者や討論者以外で報告者を決めていただき、内容と質疑についてまとめてください。報告者が決まりましたら、お手数ですが、お名前と連絡先を、学会ニュースレター担当(nl@jaspm.jp)までお知らせ下さい。

 

■個人発表・ワークショップ申込書送付先・問い合わせ先

研究活動委員会 輪島 裕介
メールアドレス yskwjm_at_let.osaka-u.ac.jp
(_at_をアットマークに変えてご送信ください)