Japanese Association for Studying Popular Music

2018年度第1回中部地区例会

日本ポピュラー音楽学会(JASPM)2018年度第1回中部地区例会の案内

(椙山女学園大学国際コミュニケーション学部 共同開催)

 

シンポジウム:

音楽は映像を志向する ──ミュージックビデオが拓く世界──

 

日時:2018年7月14日(土) 13:30〜17:00(途中休憩あり)

場所:椙山女学園大学・星が丘キャンパス 国際コミュニケーション学部棟 010教室

地下鉄東山線「星が丘」下車、6番出口より徒歩5分

http://www.sugiyama-u.ac.jp/univ/access/

 

パネリスト:

村山和也(映像作家/映画監督)

前口渉(作編曲家)

長澤唯史(椙山女学園大学教員/JASPM会員)

司会・問題提起:

広瀬正浩(椙山女学園大学教員/JASPM会員)

 

現代の文化において、音楽と映像の関係は切り離せないものとなっています。私たちにとって当たり前のようになっているこの表現形式を、いま、どのように考えればよいのでしょうか。作り手であるお2人をお招きして、意見を交わし合います。

 

■村山和也(むらやま・かずや) http://kazuyamurayama.com/about

1982年生まれ。映画監督、映像ディレクター。2008年より映像ディレクターとしてMV・CM制作に携わる。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンCM・Web Movieや、乃木坂46の個人PV、その他アイドルのMVなど。初映画監督作品『堕ちる』(2016年)が、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」オフシアターコンペティション部門 スペシャル・メンション受賞のほか、「La Cabina中編映画祭」(2007年、バレンシア・スペイン)オフィシャル・コンペ部門最優秀作品賞、最優秀俳優賞、最優秀音楽賞受賞。

 

■前口 渉(まえぐち わたる)

1981年生まれ。作編曲家。スマイルカンパニー所属。井口裕香、ELISA、岡本信彦、ジャニーズ関連、早見沙織、ラブライブ!、アニメ劇伴やゲームコンテンツBGMなど幅広く手がける。アレンジを担当した嵐『truth』は第41回オリコン年間ランキング2008でシングル部門売り上げ1位を獲得。村山和也監督作品『堕ちる』(2016年)の音楽も担当。クリエイターユニットeyelisのメンバーとしても活動中。

 

問い合わせ先:広瀬正浩(中部地区例会担当・研究活動委員) mas[at]sugiyama-u.ac.jp([at]を@に変えてご送信ください)