Japanese Association for Studying Popular Music

2017年度第2回関東地区例会

2017年度 第2回 関東地区例会

 

卒業論文・修士論文報告会を下記の通り、開催いたします。
みなさまのご参加をお待ちしております。

 

日時:2017年7月22日(土)14:00~17:00
会場:大東文化大学板橋キャンパス3号館106・107(2部屋続きの教室です)
東武練馬駅北口下車、無料スクールバスで約7分(スクールバス乗り場まで徒歩5分)
都営三田線西台駅西口下車徒歩9分東武東上線東武練馬駅からスクールバス
アクセスマップ http://www.daito.ac.jp/access/file/file_itabashi_map.pdf

 

発表1:ポピュラー音楽に潜む大衆性と社会変革のアポリア――新宿西口フォーク集会を中心に(修士論文)
中村洸太(一橋大学社会学研究科)
研究概要

 

発表2:日本におけるガムランの活動に関する一考察――その変遷と現状分析をもとに(修士論文)
増田久未(東京音楽大学大学院音楽研究科)
研究概要

 

発表3:1980年代における連鎖的なチャリティーソング制作の興盛を誘発した諸要因についての考察――南北問題が音楽家らに与えた影響(修士論文)
竹中雄亮(新潟県立大学院国際地域学研究科)
研究概要

 

発表4:クラブカルチャーを通してみる個人化と共同の往復関係(修士論文)
北村心平(武蔵大学大学院人文科学研究科)
研究概要

 

例会終了後、懇親会を予定しています。

 

お問い合わせ([at]を@に変えてご送信ください)
周東美材(関東例会担当研究活動委員) shuutou.yoshiki[at]gmail.com
井上貴子(研究活動担当理事) fwgd0462[at]mb.infoweb.ne.jp