Japanese Association for Studying Popular Music

ポピュラー音楽研究 Vol.17

発行2013.02.01

発行2013.02.01

論文

インパクトなきインパクの音楽実践から考える――インターネットの音楽と賑わい/岡田正樹
日本のポピュラー音楽におけるスタンダード生成過程――「翼をください」を事例に/柴台弘毅

応答

われわれは「存在しないもの」を聴いている――今井晋「ポピュラー音楽の存在論――《トラック》、《楽曲》、《演奏》」への応答/増田聡

書評

青木深著『めぐりあうものたちの群像――戦後日本の米軍基地と音楽1945-1958』/エドガー・W・ポープ
ジョゼフ・カーマン、リチャード・タラスキン、ジャン=ジャック・ナティエほか著 福中冬子訳・解説『ニュー・ミュージコロジー――音楽作品を「読む」批評理論』/川本聡胤
増淵敏之著『路地裏が文化を生む!――細街路とその界隈の変容』/山口晋
アンドレ・シェフネル著 昼間賢訳『始原のジャズ――アフロ・アメリカンの音響の考察』/細川周平
マイケル・ボーダッシュ著 奥田祐士訳『さよならアメリカ、さよならニッポン――戦後、日本人はどのようにして独自のポピュラー音楽を成立させたか』/輪島裕介
川本聡胤著『J-POPをつくる!――まねる、学ぶ、生み出す』/佐藤良明

報告

大会報告(2012年第24回大会、武蔵大学)
プログラム
シンポジウム
音盤を傍らに携えて――レコーデッド・カルチャーの音楽経験/南田勝也
ワークショップ
A 音楽文化の歴史社会学――知識人、大衆文化、社会運動/粟谷佳司
B 音楽文化におけるローカリゼーションの諸相/大山昌彦
C ポピュラー音楽の美学と存在論/今井論文をめぐるオープン・ディスカッション/増田聡

研究例会記録(2012年)

『ポピュラー音楽研究』編集規程
『ポピュラー音楽研究』論文投稿規程
『ポピュラー音楽研究』論文等執筆要領