JASPM27懇親会について

大会初日12月5日(土)、19時30分から懇親会を予定しております。今年は諸般の事情により最寄りの会場ではなく、京都精華大学駅から叡山電鉄に乗って百万遍(京大前)のアンスティチュ・フランセ関西(京都)が会場です。大学から30分位の場所です。少し離れていますが、それでもそうするだけの意義があります。その意義というのが、いまそのアンスティチュ・フランセの付帯施設であるヴィラ九条山で滞在制作をしているRhizottome(リゾットム)のライブです(美味しいワインと美味しい料理もあります、多分)。ライブは20時ごろからを予定しています。

懇親会はJASPM27会場で受付をします。当日申込の場合、一般5,000円、学生3,000円となります。

Rhizottome(リゾットム)とは?

アーメル・ドゥセ(アコーデオン/コレオグラフィー)とマチュー・メッツガー(ソプラニーノ・サキソフォン)のデュオユニット。«Rhizottome»というのはもともとは薬草医を指す古いフランス語で、「根っこを断つ人」という意味を持つそうです。その名の通り、ヨーロッパやアジアに根付いた伝統音楽を主題に、その場の即興で全く新しい音楽に作り変えていきます。

アンスティチュ・フランセ関西(京都)について

アンスティチュ・フランセ関西は、フランス語教育と日仏文化交流に努めるフランス政府公式文化機関です。

懇親会会場となる建物は1936年に落成した建物で、玄関ホールには藤田嗣治寄贈の「ノルマンディーの四季」(1936年)が飾られています。

JASPM27会場からは叡山電車の出町柳駅まで出て、歩いて12分位です。