Japanese Association for Studying Popular Music

2012年第4回関西地区例会

細川周平(編著)『民謡からみた世界音楽 うたの地脈を探る』の合評会を下記の通り開催します。

日時:10月13日(土曜)14時30分~17時30分
会場:関西学院大学 大阪梅田キャンパス 14階1404号室
(大阪市北区茶屋町19-19アプローズタワー14階 受付TEL:06-6485-5611)
アクセス:阪急「梅田駅」茶屋町口改札口から北へ徒歩5分。JR「大阪駅」御堂筋出口から徒歩10分。地下鉄御堂筋線「梅田駅」から徒歩7分。「中津駅」から徒歩4分。
地図:http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html

2012年3月にミネルヴァ書房から『民謡からみた世界音楽 うたの地脈を探る』が刊行されました。JASPMからは、細川周平会員(国際日本文化研究センター)が編著者を務めている他、多数の会員が執筆しています。ポピュラー音楽研究にとって豊かな論点を含んだこの書をめぐり、合評会を催します。評者には、鈴木慎一郎(関西学院大学)・粟谷佳司(立命館大学)の両会員を予定しています。編著者の細川会員と、執筆者の輪島裕介(大阪大学)・長尾洋子(和光大学)の両会員も出席し、議論に加わる予定です。

なお、当日は会場で『民謡からみた世界音楽』が特別価格(定価6,000円→4,500円)で頒布されます(数に限りがあります)。

問い合わせ先:安田昌弘(研究活動担当理事)
yasuda_at_kyoto-seika.ac.jp (_at_をアットマークに変えてご送信ください)

日本ポピュラー音楽学会 役員

【理事】

川本聡胤(フェリス女学院大学)[国際]

谷口文和(京都精華大学)[庶務、事務局]

安田昌弘(京都精華大学)[庶務、事務局]

大和田俊之(慶應義塾大学)[財務会計]

井手口彰典(立教大学)[財務会計]

増田聡(大阪市立大学)[編集]

青木深(東京女子大学)[広報]

山崎晶(京都文教大学)[広報:会員情報担当]

井上貴子(大東文化大学)[研究活動]
【会長】
小川博司(関西大学)

ポピュラー音楽研究 Vol.6

2003.01.31

論文

音楽家による援助活動-アメリカの食糧危機を事例として 平泉金弥

戦後沖縄における民謡歌手の変容-世代別活動スタイルの比較を通して 高橋美樹

研究ノート

戦後ハワイで活躍した二世楽団 中原ゆかり

『Popular Music in Theory』再訪-キース・ニーガス氏インタビュー 安田昌弘

関連領域重要文献紹介

カルチュラル・スタディーズにおけるポピュラー音楽 粟谷佳司

書評論文

阿部勘一編著『ブラスバンドの社会史』 大山昌彦

フィリップ・ヘイワード著『ウィットサンデー諸島およびその周辺の沿岸部における潮の干満のような文化の推移と音楽、観光』 小西潤子

書評

自己探求する日本のジャズ エドガー・ポープ

報告

大会報告(2001年度第13回大会、関西大学)

年次大会記録(2001年度)

研究例会記録(2001年度)

2002年度刊行和書総覧 三井徹編

ポピュラー音楽研究 Vol.2

発行1998.11.30

論文

計算機を用いたリズム・パターンの分類 矢向正人

ロックの「時代精神」からオーディエンスへ-文化研究とポピュラー音楽 粟谷佳司

ロック音楽文化の三つの指標-文化の社会学の一方法論として 南田勝也

関連領域重要文献紹介

音楽研究におけるデータベースの構築の動向 鈴木孝

FORUM

ポピュラー音楽を教育によって伝えること-21世紀を担う世代に伝達すべき文化体系として 森川卓夫

報告

大会報告(1996年度第8回大会、東京経済大学・国分寺市)

ワークショップ

・日本の音楽教育にみるポピュラー音楽受容 小泉恭子

・リズム&パーカッション 矢向正人

大会報告(1997年度第9回大会、金沢大学・金沢市)

ワークショップ

・ポピュラー音楽とジェンダー 大西貢司

研究例会記録(1996年~1997年)

国際ポピュラー音楽学会第9回大会報告

大会日程

JASPM会員による発表要旨

会員のウェブページURL一覧

論文応募規定

論文執筆規定