Japanese Association for Studying Popular Music

2012年第3回関東地区例会

関東地区例会では、下記の例会を開催いたします。

井上貴子編著『日本でロックが熱かったころ』書評会

日時:2012年12月22日(土)14:00-17:45頃予定
会場:武蔵大学 江古田キャンパス 1号館1203教室
地図:http://www.musashi.ac.jp/modules/annai_kouhou/index.php?content_id=9

登壇:
・今井晋(東京大学大学院)「メディアの影響と表象:日本のパンク受容の再検討(仮)」
・高橋聡太(東京芸術大学大学院)「日本でロックが熱く語られていたころ」
・難波弘之(ミュージシャン/東京音楽大学)「ロックとアカデミズムの間には、深くて暗い谷があるの?」
・井上貴子(大東文化大学)「刺激的な異文化から平凡な日常へ」
司会:南田勝也(武蔵大学)

この2年ほど当学会誌上で論争が繰り広げられている井上貴子編著『日本でロックが熱かったころ』(青弓社)
の書評と、それに対する「書評リプライ」に関して、本例会では直接議論する場を設けます。
編著者の中から書評に応答された井上・難波両氏をお迎えし、評者の今井氏、さらに、当学会最若手の世代にあたる
高橋氏を加えた計4名にご登壇いただきます。奮ってご参加ください。

問い合わせ先:安田昌弘(研究活動担当理事)yasuda_at_kyoto-seika.ac.jp (_at_をアットマークに変えてご送信ください)

2011年中部地区特別例会

きたる4月24日(日)、中部地区特別例会を開催いたします。今回は、日本アメリカ文学会中部支部との合同開催として、日本アメリカ文学会第28回支部大会において、以下にご案内の通りシンポジウム「ポピュラー音楽を通して<読む>複数のアメリカ」をおこないます。また、当日は引き続き佐藤良明氏による特別講演「Thomas Pynchon とポピュラー音楽」がおこなわれます。ともに参加は無料、予約は不要です。ふるってご参加ください。

 

日本アメリカ文学会 第28回中部支部大会

日時:4月24日(日)10:15~ (合同開催シンポジウムは13:55~)

会場:愛知淑徳大学星ヶ丘キャンパス5号館5階55A教室
464-8671 愛知県名古屋市千種区星が丘23
TEL 052-781-1151 (代)
地下鉄東山線星ヶ丘駅下車 3番出口から徒歩約3分
交通アクセス・マップ:
http://www.aasa.ac.jp/guidance/map.html

参加無料、予約不要 (午前中に行われる、日本アメリカ文学会中部地区大会の個人研究発表にも無料で参加できます。受付にて「日本ポピュラー音楽学会から来た」旨お伝えください)

 

【プログラム】

開会のことば 会長 鵜殿えりか (愛知県立大学) 10:15~10:20

研究発表
(1) 高橋 綾子 (長岡科学技術大) 10:20~11:05
「ジョアン・カイガーの『タペストリーと織物』」
(2) 駒田 法子 (日本福祉大学 非常勤) 11:10~11:55
「Maxine Hong Kingston のThe Woman Warrior: Memoirs of a Girlhood Among Ghosts
における視点と「黒いカーテン」のイメージ―戦争、狂気から帰郷の物語へ 」

 

シンポジウム (JASPM中部地区特別例会との合同開催) 13:55~15:55
「ポピュラー音楽を通して<読む>複数のアメリカ」
司会・講師 久野陽一 (愛知教育大学)
講師    長澤唯史 (椙山女学園大学)
講師    エドガー・ポープ (愛知県立大学)
講師    南田勝也 (武蔵大学)

 

特別講演「Thomas Pynchon とポピュラー音楽」16:15~17:15
講師 佐藤良明
司会 長畑昭利 (名古屋大学)

プログラムの詳細と概要については、以下のURLのリンクをご覧ください。
http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~nagahata/amlitchubu/taikai11.html

日本ポピュラー音楽学会 役員

【理事】

川本聡胤(フェリス女学院大学)[国際]

谷口文和(京都精華大学)[庶務、事務局]

安田昌弘(京都精華大学)[庶務、事務局]

大和田俊之(慶應義塾大学)[財務会計]

井手口彰典(立教大学)[財務会計]

増田聡(大阪市立大学)[編集]

青木深(東京女子大学)[広報]

山崎晶(京都文教大学)[広報:会員情報担当]

井上貴子(大東文化大学)[研究活動]
【会長】
小川博司(関西大学)