Japanese Association for Studying Popular Music

第27回大会(2015)

Chronicle…  1989 | 1990

1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000

2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010

2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 |

 

日本ポピュラー音楽学会第27回大会

2015年12月5日〜6日 京都精華大学

大会サイト

 

【シンポジウム】

音楽と場所~京都から日本のポピュラー音楽文化の今を展望する

パネリスト:沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE。DJ/作曲家/執筆家/選曲評論家)

JOJO広重(非常階段。ノイズミュージシャン/アルケミーレコード主宰)

岡村詩野(音楽評論家)

増淵敏之(法政大学)

司   会:安田昌弘(京都精華大学)

 

 

【個人研究発表】

 

初音ミクライブにおけるオーディエンス ― 『初音ミク「マジカルミライ2013」』を事例に

吉村汐七(大阪大学大学院文学研究科博士前期課程)

 

ブルースと子守歌 ― 日本の近代化過程における大衆音楽の同化と異化

遠藤薫(学習院大学)

 

カルロス・ベガの民謡・舞踊研究 ― ノンポリ音楽学者による「アルゼンチン文化」像の構築

遠藤健太(名古屋大学大学院博士後期課程 日本学術振興会特別研究員DC2)

 

日本流の野外音楽フェスティバルはどのようにして作られたのか?

山添南海子(日本大学大学院芸術学研究科芸術専攻博士後期課程)

 

ニューミュージックとは何だったのか? ― J-POPの淵源を探る

平川裕司(フリーランス)

 

「ジハーディー・ラップ」という問題系

― 「イスラーム主義」とヒップホップの蜜月をめぐる一考察

栗田知宏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

 

モッシュが発生する時、何が起きているのか?

中野太郎(大阪大学大学院文学研究科音楽学専攻M1)

 

ファン活動による「ヴィジュアル系」の形成 ― 「やおい」作品の受容から

鈴木翠(京都精華大学大学院マンガ研究科博士後期課程)

 

ブルデューの界理論に基づく現代日本のポピュラー音楽の界の構築

平石貴士(立命館大学大学院社会学研究科後期博士課程)

 

鯨のためのロック・コンサート「ローリング・ココナッツ・レヴュー・ジャパン」

― 開催経緯と音楽雑誌における評価を中心に

大嶌徹(玉川大学、松蔭大学非常勤講師)

 

同人音楽の歌姫による自己の表現

藤下由香里(大阪大学大学院文学研究科博士後期課程)

 

 

○ワークショップA

スタジオ・レコーディングのゆくえを、レコーディング・スタジオで考える

司   会:中伏木寛(京都精華大学)

問題提起者:中村公輔(ミュージシャン/レコーディングエンジニア)

 

○ワークショップB

フェスをめぐる差異 ― 「行く/行かない」と「行ける/行けない」

司   会:永井純一(神戸山手大学)

問題提起者:永田夏来(兵庫教育大学)、山崎翔(北海道大学大学院)

討 論 者:ゆーきゃん(ボロフェスタ主催者・シンガーソングライター)

 

○ワークショップC

1955年の音響メディア史

問題提起者:中川克志(横浜国立大学都市イノベーション研究院)

大和田俊之(慶応義塾大学法学部)、髙橋聡太(東京芸術大学大学院)