Japanese Association for Studying Popular Music

第26回大会(2014)

Chronicle…  1989 | 1990

1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000

2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010

2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 |

 

日本ポピュラー音楽学会第26回大会

2014年12月6日〜7日 学習院大学

大会サイト

 

12月6日(土)

【シンポジウム】

メタ複製技術と音楽文化の変容

パネリスト:遠藤薫(学習院大学)、kz(livetune)、Naohiro Yako(Bunkai-Kei records)

司   会:谷口文和(京都精華大学)

 

 

12月7日(日)

【個人研究発表A】

司会:辻泉(中央大学)

 

複製・コピー・模倣の文化から見る日本人の音楽性

― 和歌とカバー音楽におけるコミュニケーションモデルの検証を通して

戸彩花(立教大学大学院)

 

シミュレーション化する音楽「ヴァーチャル・アイドル」をめぐる試論

秋吉康晴(京都精華大学)

 

同人音楽における「歌姫」のあり方と受容の変化について「しもちゃみん」、志方あきこ、初音ミクを事例に

藤下由香里(大阪大学大学院)

 

司会:吉光正絵(長崎県立大学)

 

ムネオハウスにおける「CD化」

岡田正樹(大阪市立大学大学院)

 

音楽配信事業者としての電子楽器産業

日高良祐(東京芸術大学大学院)

 

グリッチは誤作動か

原島大輔(東京大学大学院)

 

 

【個人研究発表B】

司会:三浦文夫(関西大学)

 

JASRACに見る音楽著作権管理団体の社会的役割

田川史郎(千葉大学大学院)

 

風営法によるダンスクラブ規制問題

太田健二(四天王寺大学)

 

韓国ソウル市における「ストリートアーティスト/バスカー」をめぐる取り組み

水谷清佳(東京成徳大学)

 

司会:青木深(一橋大学)

 

昭和戦前期の日本におけるジョセフィン・ベーカーの歴史的意義

青木学(日本大学大学院)

 

シンガーソングライターの登場がポピュラー音楽に与えた影響

平川祐司(フリーランス)

 

ヴィジュアル系ロックのグローバル化とその現状

齋藤宗昭(関西大学大学院)

 

 

【個人研究発表C】

武田俊輔(滋賀県立大学)

 

ピート・シーガーの活動から見る音楽の役割と社会問題への取り組み

赤城大介(大東文化大学大学院)

 

ジンバブエの政治闘争と歌

松平勇二(名古屋大学)

 

「理想国」のポピュラー音楽 ― 旧満州国のラジオ放送における流行歌

劉潤(国立音楽大学大学院)

 

司会:深見友紀子(京都女子大学)

 

音楽家教育におけるアイデンティティ形成—音楽の好みを中心として

駒田早紀(三重大学大学院)

 

フェスに参加することが持つ社会的意味について

山崎翔(北海道大学大学院)

 

抵抗と諦念 ― ポピュラー音楽の原風景としての<逃走>

石川洋行(東京大学大学院)

 

 

○ワークショップ A

青少年の音楽生活の実態 ― 2000年代以降の変化に注目して

問題提起者:木島由晶(桃山学院大学:コーディネーター)

永井純一(神戸山手大学)、永田夏来(兵庫教育大学)

討 論 者:南田勝也(武蔵大学)

 

○ワークショップ B

学校音楽教育におけるポピュラー音楽教材の新たな地平

問題提起者:木下和彦(東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科:

コーディネーター)

中山由美(お茶の水女子大学附属中学校)、平野次郎(筑波大学附属小学校)

討 論 者:坪能由紀子(日本女子大学)

 

○ワークショップ C

佐村河内事件を考える ― クラシック音楽のポピュラーな受容と作者性

問題提起者:増田聡(大阪市立大学:コーディネーター)

平田誠一郎(関西学院大学)、小川博司(関西大学)

討 論 者:鈴木淳史(音楽ライター)

司   会:増田聡(大阪市立大学)