Japanese Association for Studying Popular Music

第15回大会(2003)

Chronicle…  1989 | 1990

1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000

2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010

2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 |

 

日本ポピュラー音楽学会第15回大会

2003年11月29日〜30日 中京大学

 

11月29日(土)

【講演】

「名古屋からヒットを生み出す~ZIP-FMの挑戦~」

杉山博紀(株式会社エフエム名古屋 編成局編成・事業部部長代理)

 

 

【シンポジウム】

「デジタルメディアとポピュラー音楽」

司会:鈴木道子(中京大学)

パネリスト:栗谷佳司(関西大学)、谷奥孝司(株式会社毎日放送)

音好宏(上智大学)、毛利嘉孝(九州大学)

 

 

11月30日(日)

【個人研究発表A】

司会:室田尚子(音楽評論家)

 

録音・複製技術と音楽聴取体験の多層化

谷口文和(東京藝術大学大学院音楽研究科博士課程)

 

MP3フォーマットによる音楽聴取 ― 都市青年の意識と行動に関する定量調査から

南田勝也(関西大学)

 

音楽・映像コンテンツのデジタル通信メディアにおける円滑な利用ルール提言

森川卓夫(エムエムラボ・代表)

 

フォホーは階層を超えたか:ブラジルにおける北東部民衆音楽ブームの考察

草島美香(宇都宮大学大大学院国際学研究科)

 

検定英語教科書における歌詞

土屋唯之(東京理科大学)

 

 

【個人研究発表B】

司会:山田晴通(東京経済大学)

 

日本のポピュラー音楽に見る自文化アイデンティティの行方

~ロック・フォーク黎明期を中心に~

葉口英子(京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程)

 

東京キューバン・ボーイズと労音 ― 日本におけるラテン音楽普及の一側面

西村秀人(上智大学イベロアメリカ研究所)

 

売れ筋の興亡@日本語ポップス/失われた90年代と日本語ポップ音楽の高度成長

村田公一(大阪電気通信大学)

 

90~2000年代おじさんの歌えない若者の歌:

弱化モーラのハイジシンコペーションによるメトリックスキーマの混乱について

村尾忠廣(愛知教育大学)

 

 

○ワークショップA

「民謡が音溝にのって」

細川周平(司会・東京工業大学・代表)

大和田俊之(実践女子大学専任講師)

高橋美樹(沖縄県立芸術大学大学院)

森 博史(フリーランス)

三井 徹(討論者・金沢大学)

 

○ワークショップB

「ポピュラー音楽研究、何処へ ― 研究・教育・就職 ― 」

阿部勘一(コーディネーター・司会・淑徳大学)

東谷護(問題提起者・早稲田大学他)

秋庭史典(討論者・名古屋大学)