Japanese Association for Studying Popular Music

第9回大会(1997)

Chronicle…  1989 | 1990

1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000

2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010

2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 |

 

日本ポピュラー音楽学会第9回大会

1997年7月26日〜27日 金沢大学

※国際ポピュラー音楽学会大会(IASPM9)と同時開催

 

7月26日(土)

【基調報告】

「最近のポピュラー音楽研究の動向」

細川周平

 

 

【個人研究発表】

司会:岩村沢也

 

アフリカ都市音楽の自律的変遷 ― タンザニア、タアラブ音楽を中心として ―

檜垣まり

 

ベースキャンプカルチャーの盛衰と沖縄ロックの現在

小倉利丸

 

ロックの〈場〉の理論 ― ロック音楽文化の構造論的読解 ―

南田勝也

 

 

7月27日(日)

基調講演:「思い出のグリーン・グラス~演歌とC&W」

Christine・矢野

 

全体討論:「オリエント」

 

 

◯ワークショップ

「ポピュラー音楽とジェンダー」

司会:井上貴子

 

1 『夫婦みち』、間テクスト性、ジェンダー

北川純子

 

2 流行歌のクロスジェンダード・パフォーマンスを考える

中河伸俊

 

3 Namie Amuroにおけるセクシュアリティの構成 ~ S.McClary,E.Goffmanを参考に

大西貢司

 

 

◯ISPAMワークショップ1・2

◯ISPAMワークショップ3・4