Japanese Association for Studying Popular Music

第3回大会(1991)

Chronicle…  1989 | 1990

1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000

2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010

2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 |

 

 

日本ポピュラー音楽学会第3回大会

1991年11月23日〜24日 ジーベック・ホール

 

11月23日(土)

【シンポジウム】

テクノロジーと音楽 – 「日本」を超えたカラオケをめぐって

問題提起と司会:三井徹

カラオケことはじめ:井上祐輔((株)クレセント)

カラオケの前提とインパクト – 日英の比較を通して:小川博司

カラオケ歌唱の美学:植田盤

コメンテーター:橋爪大三郎

 

 

11月24日(日)

【研究発表・午前の部】

現代日本のポピュラー音楽

司会:中河伸俊

 

音の世界をマルサする ー 野球場からInformation Sound まで

田中幹旨

 

青年期の音楽聴取行動 ー ポピュラー音楽の利用と満足に関する社会心理学的研究

大倉恭輔

 

日本シャンソンの受容と変容 ー「愛の讃歌」をめぐって

松本伸夫

 

 

 

【国外における研究動向報告】

司会:木村篤子

 

国際ポピュラー音楽学会ベルリン大会をふりかえって

岩村況也

 

リヴァプール大学ポピュラー音楽研究所に滞在して

小川博司

 

【研究発表・午後の部】

インドネシアのポピュラー音楽 ー バンドゥン・ジャカルタ・東京

司会:由比邦子

 

基調報告・インドネシアの音楽 – 伝統と現代

川口明子

 

ジャイポンガンの成立と発展 – スンダ伝統芸能の再生

福岡まどか

 

ポップ・スンダ – スンダ音楽のフロンティア

福岡正太

 

「ワールド・ミュージック」としてのインドネシア音楽

小池誠