Japanese Association for Studying Popular Music

2008年の研究活動記録

1989 | 1990

1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000

2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010

2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018

 

【大会等】

日本ポピュラー音楽学会第20回大会

2008年11月29日~30日 成城大学

※NEWSLETTER79号に報告を掲載

 

【関東地区】

◆2008年第1回関東例会

日時:2008年1月26日(土)14:30 -17:30

会場:成城大学7号館715教室(1階)

※NEWSLETTER76号に報告を掲載

司会:溝尻真也(東京大学大学院,日本学術振興会特別研究員)

 

「ネットワーク・ミュージッキング : 「参照の時代」の音楽文化(博士論文発表)」

井手口 彰典 (鹿児島国際大学福祉社会学部 講師)

 

「流行歌の再創造と定着にかんする一考察」

周東 美材 (東京大学大学院,日本学術振興会特別研究員)

 

 

◆2008年第2回関東例会

日時:3月29日(土)14:00~18:00

場所:成城大学

会場:成城大学7号館715教室(1階)

※NEWSLETTER76号に報告を掲載

司会:溝尻真也(東京大学大学院,日本学術振興会特別研究員)

 

「ダニー・エルフマンの音楽観―オインゴ・ボインゴ時代の「死」の描写をめぐって」

沖津 一洋 (東京藝術大学)

 

「ジャニーズ系男性アイドルのファン・コミュニティにおける感情の共有化」

福博充 (東京大学大学院)

 

「戦後日韓におけるポピュラー音楽のアメリカナイゼーション――米軍駐屯と米軍慰問舞台を中心に」

南慈英(東京大学大学院)

 

 

◆2008年第3回関東例会

日時:8月3日(日)13:30~17:00

場所:東京経済大学 国分寺キャンパス 6号館6階 共同研究室3

※NEWSLETTER78号に報告を掲載

司会:溝尻 真也(東京大学大学院, 日本学術振興会特別研究員)

 

「〈ポピュラー音楽=批評〉―ポストモダンの現在、 (社会システム論あるいはメディア論)的考察―」

石川千穂(筑波大学大学院)

 

「ゲーム音楽研究の諸問題」

八木亜希子(東京藝術大学大学院)

 

 

【関西地区】

◆2008年第1回関西例会

日時:2008年3月29日(土)15:00~17:00

会場:関西大学社会学部第3学舎1号館205教室(阪急千里線関大前駅下車)

※NEWSLETTER76号に報告を掲載

司会:永井純一(関西大学)

 

「J-POPが中国に与えた影響」

陳大瀛(九州大学大学院)

 

 

◆2008年第2回関西例会

日時:2008年11月15日(土) 14:00~18:00

会場: 関西大学社会学部111マスコミ実習室A

※NEWSLETTER79号に報告を掲載

修士論文構想発表会

司会:永井純一(関西大学)

 

「現代日本のポピュラー音楽における歌詞の研究―Jポップと「等身大」の私」

山下悠太(関西大学大学院)

 

「ノスタルジーとしての「クラシック」―クラシック音楽とその失われた「巨匠」イメージについて」

吹上裕樹(関西学院大学大学院)

 

 

【中部地区】

◆2008年中部地区第1回例会

日時: 2008年11月14日(金) 17:00~19:00

場所: 名古屋大学大学院 国際開発研究科8階 第1会議室

※NEWSLETTER79号に報告を掲載

司会:西村秀人(名古屋大学)

 

「1960年代のアルゼンチン社会における「リトラル音楽」の政治性」

遠藤健太(名古屋大学大学院博士前期課程)

 

「紛争後の音楽教育 -音楽の持つ社会的機能に着目して」

河辺亮輔(名古屋大学大学院博士前期課程)