Japanese Association for Studying Popular Music

ポピュラー音楽研究 Vol.11 品切れ

2008.02.01

論文

「エミネム」の文化社会学―ヒップホップ/ロックの真正性・正統性指標による「差別」表現の解釈/栗田知宏   Cultural Sociology of “Eminem”: How Indexes of Hip-Hop / Rock Authenticity and Legitimacy Operate to interpret “Hate Speech”/ Tomohiro KURITA

書評

ジェームス・M・バーダマン、村田薫 共著『ロックを生んだアメリカ南部:ルーツ・ミュージックの文化的背景』/三井徹

毛利嘉孝著『ポピュラー音楽と資本主義』/木本玲一

八木良太著『日本の音楽産業はどう変わるのか ポストi pod時代の新展開』/山崎晶

小泉恭子著『音楽をまとう若者』/谷口文和

報告

大会報告(2006年第18回大会、東京大学)

プログラム

ワークショップ

(A)映像音楽学の試み/永井純一

(B)インターネット時代の音楽産業の変容と研究からのアプローチ/大山昌彦

(C)昭和日本の洋楽受容:「眩しさ」の進化論/佐藤良明

研究例会記録(2006年)

『ポピュラー音楽研究』編集規程

『ポピュラー音楽研究』論文投稿規程

『ポピュラー音楽研究』論文等執筆要領

編集後記