The Japanese Association for the Study of Popular Music

第31回JASPM年次大会の開催と発表募集について

【ご挨拶】

大会実行委員長 輪島裕介

 

JASPM第31回大会は、2019年12月7日(土)・8日(日)に、大阪大学豊中キャンパスで開催されることになりました。

 

大会のタイムテーブルは、7日(土)午後に個人発表と特別企画の英語セッション、夕方に総会、8日(日)午前にワークショップ、午後にシンポジウムを計画しています。シンポジウムでは、シン・ヒュンジュン氏(韓国)、何東洪氏(台湾)、ケヴィン・フェレス氏(アメリカ)ほかをお迎えして、近年勃興しつつあるインターアジア及びアジア系アメリカのポピュラー音楽研究との関連のなかで、日本のポピュラー音楽とその研究を位置づける企画を考えています。昨年の30回大会での歴史的な総括を承けて、初心に立ち返りつつ、次の時代を展望することを目指すものです。奇しくも、2021年の国際ポピュラー音楽学会は韓国・大邱で開催されることが決定しました。1997年の金沢大会に続くアジアで2度目のIASPM大会に向けて、国際的・学際的な研究をすすめる好機となればと願っています。

 

現在のアジア(系)ポピュラー音楽研究の熱気を体感し、そこに参加する最初のステップとして、7日午後の個人発表と並行して、3分間の英語発表を行うセッションを企画しています。研究キャリアや言語運用能力にかかわらず、奮ってご参加ください。

 

大阪は古代以来、アジア大陸への窓口でしたが、一方で、日本近代における民間主導の都市開発の先駆でもありました。大阪北郊に位置する大阪大学豊中キャンパス(元旧制浪速高校)は、20世紀初頭の私鉄沿線開発のなかで風光明媚な郊外型学園として作られた場所です。そのため、阪急梅田駅(大阪駅)から約20分、伊丹空港からもモノレールで約5分とアクセスしやすく、また自然豊かな立地です。

 

12月に大阪大学で皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

 

【発表募集】

研究活動担当理事・輪島裕介

 

本年度の大会での個人発表(12月7日午後)、ワークショップ(12月8日午前)の募集をいたします。発表申込書(個人発表用とワークショップ用のそれぞれのワードファイルがあります)をダウンロードし、必要事項を記載して、下記メールアドレスまで添付ファイルにて送信してください。なお郵送等による申込を希望される方は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。申込締切(7月31日)後に研究活動委員会が申込内容を吟味したうえで、発表についてのお知らせを個別に連絡いたします。

また、特別企画として、12月7日午後に、3分間の英語ショート発表を行います。こちらは特に締切を設けず随時申込みを受付けます。個人発表と重ねての応募も可能です。ご希望の方はお名前・所属と発表題目のみをメールでお知らせください。

 

■申込書類

・個人発表用申込書 Jaspm31individual

・ワークショップ用申込書 Jaspm31workshop

上記のリンクから申込書をダウンロードし、必要事項を記載してください。

 

■今大会のプログラムについて

今大会は、第一日(12月7日)午後に個人発表と英語ショート発表、第二日(12月8日)午前にワークショップ、同日の午後にシンポジウムという順でプログラムを組んでおります。個人発表をする会員が、同日の懇親会で参加者と交流を深められるよう意図したものです。個人発表とワークショップの申込にあたっては、日程にご留意ください。個人発表と英語ショート発表は重ねて応募していただけます。

 

■発表時間(予定)について

・個人発表: 30分(発表20分+質疑応答10分)

・ワークショップ: 3時間

 

■ワークショップ企画案について

ワークショップでは、一つのテーマをめぐって多角的に提起される問題について、フロアとパネルの間で時間をかけて議論することができます。ご自分の研究フィールドの意義を知らしめる絶好の機会ですので、奮ってお申込ください。

 

パネルは通常、3名ほどの発表者(問題提起者)と1名の討論者から構成されます。申込時に全員の名前を記載することを原則とします。申込時に討論者についてやむを得ず未定であるという場合は、申込採択となれば、人選について研究活動委員会より相談させていただきます。なお非会員も問題提起者や討論者になることができますが、謝礼や交通費は支払われません。

 

■申込締切

個人発表・ワークショップとも、2019年7月31日(水)

 

※8月3日(土)を過ぎても研究活動委員会より受領の連絡がない場合には、下記の問い合わせ先にご連絡ください。

※現在非会員の方は、入会申込をされたのちに発表申込をしてください。入会申込はリンクを参照してください。http://www.jaspm.jp/?page_id=90

 

■特別企画 JASPM31 英語ショート発表企画

・目的:

– JASPM会員の国際会議発表にむけた最初の一歩をつくる。

– なおIAPSM(インターアジアポピュラー音楽研究グループ)2020年大会応募締め切りは12月末

– ブロークン・イングリッシュでの議論に親しみ、楽しむ

– 非日本語話者ゲストとの交流

・使用言語:英語

・エントリー:英語のタイトルのみ。随時受付

・形式:

– トーク3分(音源再生こみ、時間厳守)+ディスカッション3分

– 250〜350ワードを目安に英語原稿を作成する(必須)

– トーク内容にあわせた音源を1曲だけ再生する(必須)

– スライドを使用する場合は3枚以内にまとめる

 

■大会での個人研究発表、ワークショップのニュースレターへの報告に関して

大会での個人研究発表、ワークショップは、翌年3月発行予定のニュースレターに報告を書いていただく必要があります。発表の申込をなさる方はご承知おきください。

・締切:2020年2月7日(金)

・分量:3000字程度

・原稿の提出先:学会ニュースレター担当(nl@jaspm.jp)

・報告内容:

①個人研究発表はご自身の発表の内容と質疑についてまとめてください。

②ワークショップは、問題提起者や討論者以外で報告者を決めていただき、内容と質疑についてまとめてください。報告者が決まりましたら、お手数ですが、お名前と連絡先を、学会ニュースレター担当(nl@jaspm.jp)までお知らせ下さい。

 

■個人発表・ワークショップ申込書送付先・問い合わせ先

研究活動委員会 輪島 裕介

メールアドレス yskwjm_at_let.osaka-u.ac.jp(_at_をアットマークに変えてご送信ください)

 

 

 

 

以 上