Japanese Association for Studying Popular Music

第30回JASPM年次大会の開催と発表募集について

【ご挨拶】

大会実行委員長・大和田俊之

JASPM第30回大会は、2018年11月24日(土)・25日(日)に、慶應義塾大学日吉キャンパスで開催されることになりました。

大会のタイムテーブルは、近年のJASPM大会(昨年度を除く)に倣い、24日(土)午後に個人発表と総会、25日(日)午前にワークショップ、午後にシンポジウムを計画しています。

周知の通り、慶應義塾大学日吉キャンパスが位置する横浜は、明治以来、日本の「洋楽」受容の中心的な役割を果たしてきた場所です。中でも慶應義塾は、ワグネル・ソサィエティー(1901年創設)、マンドリンクラブ(1910年創設)、さらにライトミュージックソサイェティ(1946年創設)など、大学における海外音楽文化の輸入に大きな役割を果たしてきました。今回は記念すべき第30回大会ということもあり、日本のポピュラー音楽の受容と学会の歴史を同時に振り返る機会になるよう、シンポジウムなどを検討したいと考えています。

慶應義塾大学日吉キャンパスは、東京都区内の主要ターミナル駅及び横浜駅から電車で約20分、しかもキャンパスは駅の目の前とアクセスしやすい立地です。また、羽田空港からも比較的来やすいので、皆さんのお越しをお待ちしております。

11月に慶應義塾大学で皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

 

【発表募集】

研究活動担当理事・井上貴子

本年度の大会での個人発表(11月24日午後)とワークショップ(11月25日午前)の募集をいたします。発表申込書(個人発表用とワークショップ用のそれぞれのワードファイルがあります)をダウンロードし、必要事項を記載して、下記メールアドレスまで添付ファイルにて送信してください。なお郵送等による申込を希望される方は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。申込締切(7月31日)後に研究活動委員会が申込内容を吟味したうえで、発表についてのお知らせを個別に連絡いたします。

 

■申込書類

・個人発表用申込書Jaspm30individual

・ワークショップ用申込書Jaspm30workshop

上記のリンクから申込書をダウンロードし、必要事項を記載してください。

 

■今大会のプログラムについて

今大会は、第一日(11月24日)午後に個人発表、第二日(11月25日)午前にワークショップ、同日の午後にシンポジウムという順でプログラムを組んでおります。個人発表をする若手会員が、同日の懇親会で参加者と交流を深められるよう意図したものです。個人発表とワークショップの申込にあたっては、日程にご留意ください。

 

■発表時間(予定)について

・個人発表: 30分(発表20分+質疑応答10分)

・ワークショップ: 3時間

 

■ワークショップ企画案について

ワークショップでは、一つのテーマをめぐって多角的に提起される問題について、フロアとパネルの間で時間をかけて議論することができます。ご自分の研究フィールドの意義を知らしめる絶好の機会ですので、奮ってお申込ください。

パネルは通常、3名ほどの発表者(問題提起者)と1名の討論者から構成されます。申込時に全員の名前を記載することを原則とします。申込時に討論者についてやむを得ず未定であるという場合は、申込採択となれば、人選について研究活動委員会より相談させていただきます。なお非会員も問題提起者や討論者になることができますが、謝礼や交通費は支払われません。

 

■申込締切

個人発表・ワークショップとも、2018年7月31日(火)

※8月3日(水)を過ぎても研究活動委員会より受領の連絡がない場合には、下記の問い合わせ先にご連絡ください。

※現在非会員の方は、入会申込をされたのちに発表申込をしてください。入会申込はリンクを参照してください。http://www.jaspm.jp/?page_id=90

 

■大会での個人研究発表、ワークショップのニュースレターへの報告に関して

大会での個人研究発表、ワークショップは、翌年3月発行予定のニュースレターに報告を書いていただく必要があります。発表の申込をなさる方はご承知おきください。

・締切:2019年2月8日(金)

・分量:3000字程度

・原稿の提出先:学会ニュースレター担当(nl@jaspm.jp)

・報告内容:

①個人研究発表はご自身の発表の内容と質疑についてまとめてください。

②ワークショップは、問題提起者や討論者以外で報告者を決めていただき、内容と質疑についてまとめてください。報告者が決まりましたら、お手数ですが、お名前と連絡先を、学会ニュースレター担当(nl@jaspm.jp)までお知らせ下さい。

 

■個人発表・ワークショップ申込書送付先・問い合わせ先

研究活動委員会 井上貴子

メールアドレス itakako_at_ic.daito.ac.jp(_at_をアットマークに変えてご送信ください)

電話0493-31-1503(内線6559)/ファクス0493-31-1524

 

以 上